So-net無料ブログ作成
検索選択

未承認医療機器の使用実態調査を―薬害オンブズパースン会議(医療介護CBニュース)

 薬害オンブズパースン会議(鈴木利廣代表)は4月5日、未承認の医療機器の使用実態を調査し、公表することなどを求める長妻昭厚生労働相あての要望書を厚労省医薬食品局の担当者に提出した。

 提出後に記者会見した鈴木代表は、近視矯正のレーシック手術で使用する医療機器を調査したところ、複数の医療機関で未承認の機器が使用されていたと説明。個人で輸入した未承認医療機器の使用については規制されておらず、患者への危険性があることなどから、「業務使用については、安全対策の枠組みの中に入れることが必要」と指摘した。
 要望書では、▽未承認医療機器の使用実態について調査し、その結果を公表する▽未承認医療機器について、不適切な管理や使用に関連した問題事例が予測された場合に迅速な対応を取るため、使用患者を直ちに特定できる体制を整える▽業としての未承認医療機器の使用行為そのものを薬事法の規制対象にする―ことなどを要望している。

 また同会議は、日本眼科学会と日本眼科医会に対しても同日付で要望書を送付した。


【関連記事】
薬害再発防止策で医療機関の薬剤師増員など明記―厚労省検討委
未承認薬・適応外薬検討会議で保険支払い検討を
医薬品行政の「現場の生の声」、アンケート結果を公表―厚労省検討委
医薬品行政の監視・評価組織の運営で議論―厚労省
一般用医薬品のネット販売、原則禁止を―野田担当相に要望

「初動捜査の進化必要」足利事件で警察庁長官(読売新聞)
広報室内に「コミュニケーション支援室」、7月に設置へ−厚労省(医療介護CBニュース)
政府案「数日のずれも」=普天間移設で首相(時事通信)
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏(産経新聞)
NOVA元社長を不起訴=特別背任容疑、管財人告発−大阪地検(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。